蜂の子の効果とは?

蜂の子の効果

蜂は、「ミツバチ」、「スズメバチ」、「黒スズメバチ」、「クマンバチ」など多くの種類があり、刺されると大けがをすると恐れられている存在でもあります。しかし蜂自体に多くの栄養があり人間の体内では生成されない成分なども含有されていることから、プロポリスやローヤルゼリーなど蜂を原料とした健康食品も多く流通されています。

蜂は古来より貴重な蛋白源として珍重されてきました。なかでも蜂の子供「蜂の子」はタンパク質の含有量が豊富で栄養価が高いことが特徴なため食糧が不足していた時代には蜂の子が食されていました。

蜂の子にはタンパク質の他に人間の体内では生成されないエネルギー源やウィルスの広がりを制御する働きのある8種類の必須アミノ酸が含まれています。また、必須アミノ酸の他に脂質、ビタミン、ミネラルなど5大栄養素がバランスよく含まれています。小さい蜂の子には多くの栄養成分が含まれており、現代では健康補助食品としての利用のされ方が主流となっています。

タンパク質が豊富な蜂の子には免疫力を高める効果や貧血予防、脳血管障害、高血圧、美肌効果など多くの働きや効果が期待できます。また、最近では蜂の子が耳の聞こえを改善するというデータもあがってきています。蜂の子の栄養成分であるアミノ酸に含まれるトリプトファンという成分が自律神経に働きかけ自律神経からくる難聴や耳鳴りなどの症状に優れた働きを行っていくことが改善に効果があると期待されています。

page top