蜂の子の効果とは?

難聴の改善におすすめの蜂の子

耳鳴りがしたり、音が聞こえづらくなる難聴。難聴を改善したいのであれば、蜂の子がおすすめです。たんぱく源として使われてきた蜂の子には、難聴などの耳の聞こえを改善する効果があることが分かりました。

キーンという耳鳴りがすると、不安になったり、イライラが募ったり、ぐっすりと眠ることができなかったりと、生活に支障をきたすことがあります。そのため、精神的にストレスがたまり、日常生活を送ることが困難になってしまうケースも多いようです。耳鳴りや音が聞こえにくくなる難聴、これらの症状は歳をとるたびに増加し、65歳以上になるとおよそ3人に1人が掛かっていることが分かりました。

耳鳴りや難聴になる原因は様々なものがありますが、そのうちの1つに、聴力に影響を与えているコルチゾールというホルモンが関係していることが指摘されています。血液中のコルチゾールは、ストレスを受けることで分泌され、耳の奥にある聴力に関係している蝸牛にコルチゾールがあります。耳鳴りや難聴の方は、血中のコルチゾールの濃度が高く、ストレスでコルチゾールが分泌されます。また、歳をとることでコルチゾールは増加するため、加齢に伴って耳鳴りや難聴の症状が増加することもわかります。

耳鳴りや難聴がする方が蜂の子をとった結果、症状が軽くなったという報告があります。聴力が回復されたという方も多いため、難聴に悩まされている方は蜂の子を利用してみてはいかがでしょうか。
【参考】蜂の子は耳鳴りに効果的:http://www.tokyo-pride.org/01.html

page top